kuras-up

PROJECT STORY

04

TOP /

パートナーとの物語

年齢を問わず、どんな方にでも買っていただける商品を

新輝合成株式会社
林様

Kuras-up
担当:中沢

<概要>

プラスチックの可能性を追求した商品開発をされている新輝合成株式会社様(以下新輝合成様)。2WAYに開くゴミ箱「ユニードプッシュ&ペダル」など人気商品を通して、弊社と築いてきた関係性。その裏側には同県内に立地しているという「必然」以外に、数々の「偶然」がありました。

地の利を生かした密なコミュニケーション。

中沢(クラスアップ):林様とはもう長いお付き合いですね。約15年ぐらいになるでしょうか?

弊社と新輝合成様が同県内にあるということで、頻繁に商談をさせていただけるというのは本当にありがたいです。

林様:コロナ禍で他県への移動が制限されているときも、同じ県内だからスムーズだったということがありますよね。

お付き合いは、同県内にあるホームセンターさんがきっかけでしたよね?

中沢(クラスアップ)そうですね。そのホームセンターさんへ卸すところから、お付き合いが始まったと思います。でも今はECサイトも一つの柱として確立してきましたね。

林様:当時は、バケツやペール(ゴミ箱)などの商品ばかりだったので、EC得意先に提案できる商品がないと思い込んでいたんです。なのでEC得意先に導入して下さいということを商談で言ってなかったのに、ご提案をいただいて……。

中沢(クラスアップ)当社もはじめは、仕入れた在庫分だけをEC得意先で販売していたんです。

当時はまだ、それ以上広げる提案というのはしていない中でしたが、新輝合成様の場合、同県内にあるという面が大きかったと思います。
近場だから送料によるコスト倒れという心配がなく、「まずは数個から、小ロットから試しにやってみませんか」というご提案ができたんです。

林様:今ではリアル店舗が伸び悩んでいる中で、ECの割合があがってきています。
当社が躍進したのは、完全にECのおかげです。
そういう意味では御社にきっかけをいただいたとも言えると思います。

必然だけでなく「ラッキーな偶然」が重なって深まったお付き合い

林様:弊社も当時に比べると、昔ながらの商品から、デザイン性もあるゴミ箱のユニードシリーズ、多段式のバスシリーズなどへとラインナップが広がってきています。

その中でもユニードシリーズは、御社を通してびっくりするぐらい売っていただいているので、本当にありがたいです。

中沢(クラスアップ)そういっていただけるのはうれしいですね。

そうなったのは、弊社としてもよいタイミングがかさなった結果です。

林様:そうでしたね。先ほども話にでたホームセンターさんの大きな店舗が、クラスアップさんに卸を集約した時期とかさなりますね。

中沢(クラスアップ)弊社で物流倉庫が新たにでき、EC得意先に注力しようとしていたタイミングと御社が商品のラインナップを広げていこうとしていた時期がかさなったり…。
その後も、EC得意先で売れ始めたなというときに、ちょうど御社でユニードシリーズが発売されたりしました。

林様:同県内にあるという必然だけでなく、本当にラッキーな偶然がかさかなっていましたよね。

中沢(クラスアップ)そうですね。それもこれも、御社と密なコミュニケーションをとらせていただいているからこそ、生まれた「偶然」なのかなと思っています。

どんな年齢、どんな方にも使っていただける商品を

中沢(クラスアップ)最近ではさまざまな機能を付けたり、ユニーバーサルなデザインということにも目を向けていらしゃいますよね?

林様:そうですね。まな板といえば、昔は抗菌作用ぐらいの機能しかなかったんです。でもここ10年で耐熱だったり、軽かったり、すべりにくかったり…と進化してきました。

中沢(クラスアップ)高齢化が進む中で、お年寄りの方にも使いやすいということは意識されているんですか?

林様:例えばユニードシリーズの「ユニード」という言葉は、単一の意味を示す「uni」と必要を表す「need」から作った造語です。そこにはすべての生活者に使っていただきたいという願いが込もっているんです。

なので、デザインもシンプルさにこだわっています。どこに置かれても違和感がないように、直線的でスッキリとした印象を目指しているんですよね。

中沢(クラスアップ)そうだったんですね。シンプルな中にも、2WAYで開くといったひと工夫があるというところが、御社の製品ですよね。

林様:ありがとうございます。使う人の目線で考えた丁寧なモノづくりをしていきたい…。誰でもどこでも使っていただける商品を通して、プラスチック製品の可能性を広げていければと思っています。

新輝合成株式会社

昭和33年創業当時、「壊れない」「カラフル」「安価」なプラスチックの可能性を生かした製品を開発。生活のあらゆる場面に貢献できるプラスチック製品を高い技術と丁寧な作業によって生み出し続ける。機能性とデザイン性を兼ね備えたゴミ箱やつっぱり棚などが「グッドデザイン賞を受賞するなど、国内で高い評価を獲得している。

最新記事

PROJECT STORY
人とプラスチックが調和した社会の実現を目指して。天馬株式会社様

人とプラスチックが調和した社会の実現を目指して

天馬株式会社
担当:新坂上様、山川様、辻様

Kuras-up
担当:松村、北野

PROJECT STORY
「人の繋がり」を大事にして、暮らしを楽しく

「人の繋がり」を大事にして、暮らしを楽しく

株式会社シービージャパン
白石専務、三木様

Kuras-up
担当:松村

プロジェクトストーリー一覧